言葉巧みにほめてくださいざんす

めがねをかけていた妻が、レンズに変更するって意外にカワイイだったは少女マンガの世の常だ。
私もあんな明るいチェンジを夢見ていましたが、私の場合はめがねからレンズとしても顔つきが劇的に可愛く至るということはありませんでした。
はじめてめがねをかけたのは初等科5年生のときで、その後めがね妻でしたが、何とかレンズに変えたのはハイスクール最初年生のときだ。
そういった私も、めがねを嫌ってレンズを通じていましたが、入社してワンデイ8時間も9時間も端末にかじりついて仕事をしている間にレンズ特有のドライに疲れてしまったのでした。
次いでいつの頃からかまためがねをかけるようになったのですが、前日そのめがねが壊れてしまったのです。
次いで仕方なく、また今日から冠婚葬祭用のレンズを久しぶりに装着して勤務しました。
「あれー?めがねは?誰かと思ったよ」と仲間から口々に言われて、なんだかはじめてレンズを擦り込みた高校の頃に戻ったようなテンションになりました。

ノビルンは凄い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です